【体験談】24歳アフィリエイターからエンジニアに転職するまでやったこと

プロニート論

高校卒業して就職した会社を2年で退職し、職業訓練校に半年通った後、SESに転職するも2週間という劇短期離職し、個人事業主(アフィリエイター)兼フリーター歴3年転職活動期間は4ヶ月(緩い転職活動は1年以上続いてた)、応募した数は20社以上コミュ障陰キャで面接では上手く話せない。。。

そんなゴミ人間でも成長中のデータ分析エンジニアに採用されました!

誰かの参考になればと思い私がやってきたことや当時の感想をここに記していきますね。
ゴミスペック人間でもなんとかなると誰かに勇気を与えたいです。

 

スポンサーリンク

転職エージェントに登録・相談

私はアフィリエイトの経験を活かしてwebマーケティングの会社に就職しようと思い、2021年10月ハタラクティブという転職エージェントに登録して電話相談しました。

当時の私の経歴は前職の正社員を辞めて3年半、アフィリエイターとして活動したりフリーターとして働いており、キャリアに空白期間が出来てる状態でした。

電話相談のときに言われたのが、

  • マーケティングは超人気だから厳しい
  • マーケティングの未経験の募集はほとんどない
  • マーケティングは営業部署から異動する人が多い
  • 3年以上正社員ブランクある人は難しい
  • 他の職種で正社員歴を2,3年積み上げてからの方が良い

と、とても聞きたくないことを言われた挙句、マーケティングの求人は一切紹介されず、その代わりにやりたくない(向いてない)求人や将来マーケティングに繋がらなさそうな求人を10社ぐらい紹介された。

 

転職サイトGreenで10社以上応募した

ハタラクティブとかいう転職エージェントは頼れね〜〜〜と思いWebやIT業界に特化したGreenで未経験歓迎求人を探し出して10社以上応募したが8割が書類選考通過しない、1割が面接落ち、1割はポートフォリオや職務経歴書が必要だったので準備出来ずにスルー。

 

コウシリン
コウシリン

職務経歴書の書き方なんかわかんないよ!

バイトサイトでも数件応募した

とりあえず未経験歓迎のアルバイトから始めて正社員登用をしようと考えてマッハバイトから数件応募してみた。そこでも全落ち。未経験でもある程度独学で勉強しててポートフォリオがある人向けの求人ばかりで書類選考落ちが9割だった。

その後プログラミングを学習しようと思ったが、過去にプログラミングスクールに42万円払って挫折した経験があったので無料でできる所を探し続けた。

 

無料プログラミングスクールでプログラミングを学習

2022年1月に無料プログラミングスクールGEEK JOBでオンライン説明会を受け、2022年2月Javaを学習し、SESに入社することを決意して、カリキュラムの前半の2ヶ月はJavaを学習して、後半の2ヶ月は履歴書や職務経歴書をメンターの人と一緒に作成し面接練習を行なって、実際に企業へ応募していく(書類選考通過が6社ぐらい)も全部落ちて無料で卒業する

 

最初の頃は面接対策も不十分で伝え方が悪かったのか、転職メンター経由で雰囲気が暗くて弊社とは合わない、志望理由が弱い、入社してもすぐに独立しそうなどいろいろ言われました。

コウシリン
コウシリン

自社開発ではプログラミングに関する質問が何個かあり全てに答えることが出来なかったから納得できた。

落ち続けた後にやる面接練習ではもう何も言えませんでした。

自分のありのままの考え方で伝えると全部否定されるような感覚、これを言ってもダメ、あれを言ってもダメ、もう何を言えば良いのか分からない状態。。。

会社の面接を受ける前にした1回目の面接練習よりも3回目の面接練習の時の方が酷い有り様でした。
3回目の面接練習の時は練習というよりその場で一緒にトークスクリプトを作る時間になってた。

最後の1社はブラックで有名な会社だったけどそこでも落とされた

GEEK JOBの転職成功率は97.8%(私が入学する前)、カリキュラムに付いていけず脱落する人が内定取れないレベルで、ほぼ内定獲得できるだろと思われるスクールを利用して全部落ちた

 

GEEK JOBでは転職サポートをしてもらって真面目に転職活動しても上手くいかない場合は、スクール代無料なので、Javaの学習を無料でやりたいと考えてる人は利用したらどうだろうか?w



ハローワークで求人を探す

GEEK JOBの他社サービス利用するとお金かかる期間(〜2022年6月)を過ぎた私は、2022年7月ハローワークで未経験OKのエンジニアの求人を探した。

とりあえず見つけられたのが14社だった。
その日のうちにハローワークで紹介状を発行してもらい、家に持ち帰った後、職務経歴書が不要の7社へ履歴書を提出した。

3社は書類選考通過せず、3社は適性試験や面接試験落ちして、1社だけ書類選考通過&1次面接通過して、翌月に1日8時間無給の3日間のお試し研修(たまに脱落者出るっぽい)の後に最終面接という所まで来ていた。

 

14社紹介状を発行してもらって残りの職務経歴書が必要な求人は後回しにした。

 

Indeedという求人サイトでひたすら探して応募

このころはとにかく数打ちまくれば当たるだろうマインドになっており、更新頻度も高く求人数も多いIndeedで7社応募した。

そのうち3社はLINE公式アカウントから申し込みするものだった。

 

LINE公式アカウント経由の求人は何度も履歴書を提出したり、職務経歴書を準備してくださいと言われたので面倒になってしまい放置した。
「とりあえずオンライン面談しましょう!」という会社を優先した。

オンライン面談してみたら4社は転職エージェントだった。

少しがっかりしたがそれぞれ1時間ほど面談してもらい「転職エージェント限定の求人が何社かあるので推薦できる所紹介しますよ!」ということでそれぞれ4〜6社ぐらい求人を紹介してもらった。合計すると20社ぐらい。

しかも無料で履歴書の作成、職務経歴書の作成、面接練習まで全部やってくれるという!!!

 

転職エージェントと一緒に作成した書類を企業に提出したら通過率が爆上げした。

しかも企業からのフィードバックまで貰える。
プラス点とマイナス点が分かるから次の面接に備えられた

 

やっと1社内定獲得!!!

複数の会社を受けていくうちに面接は慣れて来た。

そして個人事業主(アフィリエイト)経験を評価してくれる会社から22年8月に内定を頂けた。

内定理由を要約すると、

  • 若くして個人事業主として活躍されていたこと
  • ビジネスに即した知識が豊富であること
  • WEBマーケティング領域の経験があること

ということだった。

コウシリン
コウシリン

アフィリエイトで培った経験が評価されたみたいでとても嬉しかった。

アフィリエイトサイト運営に必須なアクセス解析やSEO最適化のための改善する経験があっため、広義のデータ分析ということで転職エージェントに紹介してもらった企業である。

面接では実際に業務で何をして来たのか?を細かく45分ぐらい質問されたので3年間でやって来たことをそのまま素直に話した。
志望動機や新卒の就活や未経験転職で多そうな質問されることはほとんどなかった。たくさん受けていた企業のうちの1つだったので何をやる会社なのか?面接を受ける1時間前にサラッと確認した程度で、自分は何をやるのか分からないまま受けたw

面接で「何をやる会社なんですか?」「もし入社したらどんな仕事をすることになりますか?」とストレートに聞いた。他の会社でやったら間違いなく落ちてるだろう。

面接対策なんて何もしてない。ありのままに伝えた。

コウシリン
コウシリン

経験とスキルを評価してもらえてとても嬉しかった!!!

転職活動終了!!!

複数社受けていたので、待遇は確認していなかったので改めて確認した所、上場企業グループで昇給率平均100%を超えていたり、在宅勤務がメイン、初任給は25万円を超えていた。

 

コウシリン
コウシリン

ITやWeb業界に入ることが出来るならばどこでも良いや

と考えていた私からすれば破格の待遇だったのですぐオファー面談へ進んだ。

オファー面談は最初緊張したが内定が確定した後のことだったので緊張する必要はなかった

オファー面談で給料のことや入社日のことを確認して満足のいく会社だと思ったので、オファー面談が終わった直後にバイト先の人に1ヶ月後に辞めることを伝えたり、転職活動中お世話になった人に感謝を伝えていった。
翌週月曜日に内定を承諾し、転職活動は完全に終了

データ分析エンジニアをYoutubeで調べたらデータサイエンティストの検索結果がたくさん出た。それについて調べてみると普通高卒では無理だろうと思う内容だったが評価して貰えたし、IT業界で労働できる喜びを噛み締めて勉強頑張ってます!

これから転職活動する人へのアドバイス

転職活動のプロでもない・面接が上手いわけでもない・コミュ力がない私がこれから転職活動する人に出来るアドバイスは次の3つです。

  1. 転職エージェントを利用すること
  2. たくさんの企業を受けること
  3. 諦めないこと

コウシリン
コウシリン

面接はむしろヘタクソだと思う。最後まで建前で答えられなかった

私は転職活動の序盤では転職エージェントのサポートなしでやってました。

そのせいで転職活動が長期化してしまいました。転職エージェントは無料で利用できるので利用しまくって、転職エージェント以外の求人に応募すれば良い。

転職エージェントが紹介する求人以外に応募していくのはマナー違反ではないか?と心配されるかもしれませんが、転職エージェントを挟むか挟まないかで難易度は大きく異なるからどうせ落ちますw

たくさんの企業を受けて面接に慣れよう

さらに、筆記試験、適性試験の難易度がどれくらいか分かるので、転職活動序盤での経験を元にSPI対策やCAB適性試験対策すれば過不足なく出来ます。

 

たくさんの企業を受けていけば1社はヒットします。
「捨てる神あれば拾う神あり」「下手な鉄砲も数撃てば当たる」マインドでいこう。

このマインドが出来たのは今週の輝けないワセジョのお陰です。彼女はハイスペです。

それでも160社落ち続けたレジェンド。詳しくはこちらのnoteをご覧ください。

 

このエピソードのお陰でなんとかメンタル完全崩壊しないで頑張れた。

99社にお祈りメールが送られてきても1社から内定メール来たら勝ちです。勝てば官軍

その1社がブラック企業だとしても、IT業界は人材不足だが未経験には厳しく経験者は超求められるというのが日本のIT業界なのでブラック企業でも1年経験を積んでしまえば一気に需要が高くなるでしょう。

最近はブラック企業へ入ることさえ難しくなってるみたいです。

たくさん不採用のメールが来ると、

私は社会から必要とされてない人間なのだろうか?

と自分自身を思い詰めるでしょう。転職成功率97.8%のGEEK JOBで全落ちした時には2.2%側のヤバい奴なんだハハハ(悲しい笑い声)と考えてしまいました。

IT人材は不足してると経済産業が発表してる(IT人材需給に関する調査)からITの労働市場は売り手市場じゃないの?未経験者には本当に厳しいなぁ、経験どこで積めば良いんだよと悩んでた。

それでも諦めずに受け続けた結果、私の3年間の個人事業主(アフィリエイター)経験や知識を評価してくれる企業に出会えました。あきらめないでやってきて良かったと思います。

 

コメント

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
プロニート論
スポンサーリンク
コウシリンをフォローする
コウシリンの日記
 
タイトルとURLをコピーしました