ニートが人手不足の業界に就活するのが迷惑だと理解できたら何をするべきか?

ニート就活迷惑プロニート論

人手不足になってる業界にニートが就活をするのは無意味です。

むしろ迷惑。人手不足業界に就活するぐらいだったらずっとニートで居てくれた方がマシでしょう。

 

ニートに「働け」「仕事を選ばなければたくさんある」って言ってる人もよく考えてから発言して欲しいね。

 

この記事ではプロニートの視点から、人手不足になる理由ニートがそこへ就活してはいけない理由を詳しく説明していきますね。

ニートが就活するのが迷惑だとわかったらあなたがやるべきことについても説明していきます。

 

人手不足になる理由

報酬が割に合わない

ものすごくシンドイ仕事なのに給料が安い業界って日本には多いですよね。

ここは発展途上国かよ?っていうぐらい。

 

海外の発展途上国では仕事がキツいのに反社会勢力の元で仕事してるからクソ安いって聞いたことがあると思いますが、もう他人事ではなくなってきてるんですよね。

 

日本はデフレで物価が下がってると言いつつも、物価が下がったから私たちの負担が小さくなったかと言うとなってませんよね?むしろ消費税の増税、保険料の値上げ、とか…庶民にとっては負担する額が増えてます。

 

しかも最近は異常気象で冬はクソ寒いし、夏はクソ暑い。
通勤するだけでもかなりエネルギーを使いますが、手当は特になし。

ふざけんのも大概にして欲しいよな。

 

真夏の日なんて飲料水だけで1000円分はすぐ消えるのにそれの支給もない。
なんのために働いてるんだよってなりません?

人間関係が劣悪すぎる

人手不足の業界に居る人たちってヤンキーかよ?ってやつしか居ない。

 

キツい仕事でストレス溜まるのは分かるけどそれを新人や後輩にぶつけないで欲しいよね。

 

人間って生き物は強いやつを攻撃するんじゃなくて弱者を攻撃するようになってます。

 

そのストレスを上の人にぶつければ改善していくはずなのに自分より強い人には、忖度してるんですよねw

 

人手不足になりやすいところは非正規社員の雇用が拡大されてます。

 

*参照:人手不足に関する企業の動向調査

 

雇う側からすれば正社員に比べて簡単に使い捨てできる非正規雇用が拡大するのは仕方がないけれど…

最近の労働者は少しずつ賢くなっているので、非正規社員はそこまで責任を持って仕事を行いません。

しかも人手不足のところでは、非正規の身分でありながらも正社員並の仕事量や責任を課されます。
それで給与はクソ安いなんてやってられんよねw

日本人は真面目な人が多いので、自分が抜けたら困るからと思い抜け出せない人が多いようです。

 

さっさと抜け出しましょうw

経営者がマジで無能すぎる

人手不足で困ってる場所は、ほとんどが経営者の怠慢でしょう。

働ける若者人口が減ってるなんて中学生でも分かるのに無能経営者は人口を現状維持・増えるなんて思ってたからですよね。

人が減るのは分かりきってんだから単純作業は自動化するように投資すべきだったのに、自動化するよりも人件費の方が安いからとサボってきたツケが回ってきただけ。そんな無能経営者が居るところで働いてる人はその無能経営者に人生を搾取されて終わります。

昔は経済成長に伴って人口が増えてたから無能経営者でも普通に経営できたんですよね。

 

でも今は人口が減っているから本当に優秀な経営者しか経営できなくなってます。

ニートが人手不足業界に就活しない方が良い理由

ブラック企業を助けることになる

ブラック企業がなぜ生き延びるか?の答えは簡単。

ブラック企業を支援する人が居るからです。

 

その支援する人の正体は、ブラック企業に就活をする人たちである。

 

ブラック企業に就活する人がいなければ、ブラック企業なんて自然と潰れていくのにブラック企業に就活する人が居ることでブラック企業は長く生き延びることが出来ます。

でもブラック企業と分かっていて応募する人は居ませんよね。

ブラック企業は、初見でバカな人にとって見栄えの良いことを書いて魅力的なように見せるのが上手い。例えば、「急募」「未経験歓迎」「残業少ない(実態はサビ残が多い)」「アットホームな職場」「週休2日」とかね。

ブラック企業の経営者はまともに経営することに関しては無能なくせに、人を騙す才能は上手すぎて詐欺師もびっくりのレベルでしょうw

 

先ほど上げた言葉を並べていてもホワイトな会社は存在しますが、ニートになるような人は採用されません。

 

基本的にニートになる人を採用したい企業はありませんよね。

 

ホワイト企業に落ちて焦り出したころにブラック企業を受ける人が出ます。

 

そしてブラック企業はガチの人手不足で悩んでたりするのですぐに採用してくれます。

 

でも経験不足なニートにはどこがホワイト企業でブラック企業なのかなんて見分けが付きません

 

だからニートは下手に就活するよりも家族に迷惑をかけてでもずっとニートで居てくれた方が社会全体のためになります。ニートで居ることに後ろめたさを感じることなんてないんです。

 

 

就職しても即戦力としてこき使われる

人手不足なブラック企業に就職したら、即戦力としてこき使われることになります。

でもニートだった人に出来ることは限られてます。だいたいその仕事は誰でも出来る仕事です。

 

そんな仕事をやっていたってその人のレベルが上がるわけでもなく稼ぐ力は全く身につきません。

使えなくなったら代わりを探してポイです。こき捨てポイ(KSP)

単純に仕事がキツい

人手不足になる理由の1つとして仕事が単純にキツいというものがあります。

 

仕事がキツいわりに身に付くものは少ないし報酬も少ない。コスパが非常に悪すぎます。

 

そしてすぐに辞めたら経歴が悪くなってしまいます。
でもニートで居る間はなんとでも誤魔化せるんですよね。

ニートが就活よりもするべきこと

ニートは就活よりもするべきことがあります。

 

まずニートの武器はご存知でしょうか?

 

ニートの最大の武器は、働かずに生きれる環境と時間です。

 

親のすねかじりでも全然構いません。

親が老後迎えるまでには独立出来るようにしましょうね

自分でビジネスを立ち上げる

ハードル高くない???

起業して年収数千万円!!を目指そうとは言ってません。

まぁガチの起業家達が挑戦して9割が失敗することを私は勧めませんよw

どんな形でビジネスを立ち上げるか?

これは堀江貴文さんが掲げる4原則ですが、

  1. 小資本で始められる
  2. 在庫がない
  3. 利益率が高い
  4. 安定収入が確保出来る

この4つを満たすビジネスほど失敗しにくく成功しやすいと言われてます。

たしかゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくって本で書いてたような気がする。

 

じゃあこれらを満たすビジネスは何か?ですが、ネットを使ったものです。

 

例えば、アフィリエイト、ブログ、Youtubeなど。

 

これらは在庫を抱えることがなくすぐに始めることが出来ます。

 

ニートとして稼いで生きたいならこの3つはやってみましょう。

 

どれも経験がなくても大丈夫です。

興味を持った方はこちらの記事を参考に!

 

まぁそれでも大きな失敗はしなくとも成功する保証はありませんけれどね。

それでも就活したいニートはこの転職エージェントから探そう

自分で失敗しないビジネスを立ち上げても生活出来るほど稼げる保証はありません。

 

確実お金を稼ぎたいなら嫌でも労働しかないでしょう。

労働以外でお金を得る方法自体はたくさんあるけれど、生活出来るほど稼げるのは滅多にないね。

かつやくカレッジというカレッジ型転職エージェントをオススメします。

35歳までの無職やフリーターなら支援してもらえます。(もちろん無料)

2020年3月からスタートしたばかりのカレッジ型転職エージェントだから新型コロナ対策も万全で自宅で受講することができます。かつやくカレッジを運営する企業は創業27年以上正社員を500人以上採用してきた実績のある会社です。

まとめ

ニートは仕事してなくても何らかの形で社会に貢献してるんです。その意識は忘れないでください。

下手に焦ってブラック企業なんかに就職したら社会全体にとってはダメージが大きくなるでしょう。

 

ましてやすぐ採用してもらえるからと人手不足のところに就活するのは辞めようね。

 

クソみたいな業界で頑張るだけ時間の無駄です。自分の時間を大切にしよう。

 

ブログやYoutubeを始めるのはオススメです。
だけどそれだけでは生活出来るほど稼げるほど甘い世界でもないんで注意してください。

 

コメント

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
プロニート論
コウシリンをフォローする
コウシリンの日記
 
タイトルとURLをコピーしました