ニート(無職)がwebライティングをやるメリット・デメリット

webライティング、メリット・デメリットクラウドソーシング

この記事では会社に就職しないで自分で稼ごうと考えてるニートがwebライティングをやるメリット・デメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

webライティングのメリット

コウシリン
コウシリン

まずはメリットから説明するね!!!

学歴や職歴が関係ない

クラウドワークスやランサーズでライティングに関する案件を探しましたが、学歴と職歴が必要な案件は滅多にありませんでした。専門的な記事(単価は高い)を書く案件だと職歴が必要になったりしますが継続的な案件ではありません。

どうしていらないの?

コウシリン
コウシリン

文章力があれば十分だから!

webライターは完全実力主義の世界だからです。

webライティングで稼いでいこうと思ったら中学生でも職歴のある大人もスタートラインは同じ。

文章力に関しては【webライター修行】ニートオススメのクラウドソーシングサイトで案件をこなしながら磨く方法という記事で解説しています。

 

とりあえず先に案件を探して案件を獲得していきましょう。

面接不要・会員登録数100万人超

 

 

コウシリン
コウシリン

案件を獲得しないことには文章力を高めても仕方がないよね。

場所・時間・服装が自由

webライティングの仕事は、納期に間に合えば昼に起きてからカフェでダサい服装で作業をしてもOK。

コウシリン
コウシリン

朝起きるのが辛いニートには嬉しいよね。

収入が安定してる

webライティングは書いた文字数(記事数)だけ稼げる仕事。頑張ってたくさんの仕事をこなしていけば短い時間であってもちゃんとお金がもらえる、努力が目に見えてモチベーションが湧いてきますよね。ブロガーやアフィリエイターは書いてもアクセスが集まらないと1円にもならず不安定ですが、webライティングの仕事は安定してお金がもらえるので収入が安定します。

1回だけの案件よりも継続案件の方が多いので、慣れてきたら同じ発注者の記事数を増やすだけでなくクラウドワークスで新しい案件を獲得していくことで、1文字1円で1日2000文字書いて1ヶ月に6万円稼げる能力があれば、1日に4000文字、6000文字と書いていくだけで稼げる金額が増え、文章力が身について発注者に認めてもらえれば1文字1.1円になるとさらに収入が増えていきますね。

さらに内容に関して専門性(不動産、法律、金融、美容など)が認められると単価は上がっていくので、文字数×文字単価×専門性を積み上げていけば年収1000万円も目指せるかもしれません。

スキルになる

webライティングの仕事を継続していくと、タイピング、リサーチ、文章構成能力などのスキルが上達していきます。何も意識せずに作業をこなしているだけだと成長は遅いが、発注者からフィードバックをもらったり、本を読んで勉強することで早く成長するでしょう。

たくさんの案件をこなしていけば自分でブログやアフィリエイトサイトを立ち上げた時に1つでも多くの記事・質の高い記事を速く作っていくことで独立して稼げます。実際にサイトを立ち上げようと思ったらHTMLやCSSの知識も必要になってきますが今はWordPressがあるのでそんなに勉強しなくてもサイトは作れます。

その他にSEOの知識も必要になり最近はGoogleのアップデートも多くなってきたので、1度身に付けたSEOの知識が役に立たなくなる可能性もあるので最新情報を追っていく必要がありますが…SEOの知識に関してはwebライティングの仕事をたくさんこなしていくうちに発注者から教えてもらえることがあるので今は気にしなくても良いです。

webライティングのデメリット

コウシリン
コウシリン

デメリットもあるんで説明していきますね。

慣れるまで時給単価が低い

文章を書くことに慣れるまでは時給に換算すると最低賃金を下回るでしょう。

  • スラスラと書けない
  • タイピングが遅い
  • 文字単価が低い

この3つが主な原因です。タイピングスピードは重要です。

コウシリン
コウシリン

私も最初は時給に換算したら120円でしたw

webライティングは文字数に比例して稼げるものなので記事作成のスピードが遅いとwebライターとして致命的です。タイピングスピードは慣れて上げていくしかありません。

文字単価は実績が何もないと低く見積もられがちなので最初は文字単価が低いです。

1文字0.5円でやるのと1文字1円でやるのでは稼ぎやすさが変わってくるので実績を積み重ねて発注者に交渉していきましょう。

 

不労所得にならない

webライターは労働収入なので書き続けないと収入が途絶えることになります。

webライティングは安定して収入をあげることが出来ても不労所得になりません。

文章を書いて不労所得にしたいならアフィリエイトやブログをやりましょう

 

 

まとめ

ニートがwebライティングをやるメリット

  • 学歴や職歴が関係ない
  • 時間が自由
  • 収入が安定する
  • スキルになる

webライティングのデメリットは、

  • 慣れるまで時給換算すると安い
  • 不労所得にならない

webライティングをやるメリット・デメリットを把握した上で実績を作るために営業を行って良い副業スタイルを探していきましょう。

webライターとして案件を獲得する方法については、【初心者webライター向け】私がやってきた営業方法4つと2つのコツで説明してます。

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
クラウドソーシング
スポンサーリンク
コウシリンをフォローする
コウシリンの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました