ニート(無職)が地方から東京で就職するメリット・デメリット

バイト・派遣

ニートを卒業しようと就活するなら東京就職してはどうでしょうか? 

私は高校卒業してから関東で働いて、地元に残って働いてる友達の声を聞いてますが、私は東京で緩くアルバイトして住んでると上京して就職してよかったなと思います。東京に住み始めて、時給が高い、出会いが多いので、労働時間を短くして沢山出会うことで楽しい生活が出来てます。

この記事では東京へ就職して住むメリットデメリットについて詳しく解説していきますね。

>>上京の費用を無料にするならMIYAKO TICKET

上京就職のメリット

私が東京で働いて住んで感じたメリットは以下の3つです。

仕事の選択肢が多い

東京は地方に比べると会社の数が多いから求人の数が多いです。東京で就活を行うと自分が希望する職種の枠が多いでしょう。また1度就活に失敗しても働きながら転職活動や副業で自分の好きなことが出来ます。収入の多い東京だから出来ることです。

様々な仕事があるので地方にはない仕事があります。

人気のある仕事も地方だと枠そのものが少ししかないんですが、東京では多く用意されてるので自分に合った仕事を探しやすくなります。

給料が高い

東京は、日本で1番最低賃金が高いです。

同じ仕事するなら給料が高い方が良いですよね。

コウシリン
コウシリン

同じ時間働くなら給料高い方が良いじゃん?

と思うなら東京で就職することをオススメします。

 

新しい出会いが多い

東京は「全国から色々な人が集まってる都市」です。

価値観の違う人が全国から来てるので、あなたが今まで見たことのない人と交流すること人口も多く、全国から人がやってくるから出会いは圧倒的に多いです。

 

出会いが多いと新たな恋愛のチャンス、ビジネスのチャンスもいっぱいやって来ます。

 

上京就職のデメリット

東京へ就職することにはメリットがあるんですがデメリットも存在します。

家賃が高い

給料が高い分、家賃は地方に比べて高いです。

広さはあまり期待しない方が良いですが、「広さを特に求めないよ」っていう人には問題ないでしょう。

コウシリン
コウシリン

私は自分の部屋に作業用の机とベッドが置けたら十分だったので問題なかったですね。

 

 

満員電車がかなりツラい

地上だと通勤のメインはマイカーですが、東京だと電車やバスといった公共交通機関がメインなので超混雑するのでストレスになります。働く場所も偏ってるので新宿や品川は通勤ラッシュが激しいです。

 

誘惑が多い

東京は誘惑がめちゃくちゃ多くて、出会いが増えるから交際費が増えて、年収も多くなるので財布の紐が緩くなってしまいますw

自己管理出来ない人が一人暮らしを始めると無駄な支出が多くなるので注意してください。

 

東京で就職するなら上京に特化した転職エージェントを利用しよう

でも地方から上京する時はお金が高いし部屋の契約が難しいでしょ?

今現在仕事がなくニート(無職)状態だったり、地方の給料で働いてたりすると東京の不動産屋が審査を通過させてくれない可能性があります。東京に住もうと思った段階では東京に住所もなく仕事もなく板挟みなので、上京に特化した転職エージェントを利用する必要があります。

これから東京で働くから年収も上がるのに、審査を通してくれなきゃどうしようもないじゃん!!!

…って人のために住まいと仕事を同時に提供してくれるサービスがあるので紹介します。

MIYAKO TICKET

MIYAKO TICKETはSelect Wall株式会社が運営するサービスです。

Select Wall株式会社は20代向けの未経験歓迎の求人を多く抱えているので、仕事を探す時にも役立ち、引越しにかかる敷金、礼金、1ヶ月分家賃などの初期費用が無料になります。(家具や服などの引越し費用は自腹です)

MIYAKO TICKETを利用すれば仕事も確保出来て住居も確保出来ます。

ヤンキーインターン

ヤンキーインターンは株式会社ハッシャダイが運営するサービスです。

株式会社ハッシャダイは学歴や地方格差に気づけない若者たちに「東京での食・職・住」を無償で提供することで「選択格差」のない社会の実現を目指している会社です。6ヶ月間のインターンを経験することで新たな選択肢を見つけることが出来るようになるでしょう。

ヤンキーインターンを利用すれば仕事・住居・食事を確保出来ます。

まとめ

地方から東京へ就職することのメリット・デメリットをまとめると、

メリット

  • 仕事の選択肢が多い
  • 給料が高い
  • 新しい出会いとチャンスが多い

デメリット

  • 家賃が高い
  • 満員電車に乗って通勤すると辛い
  • 誘惑が多くて財布の紐が緩くなる

私は東京で働いて時給を高くして、家賃を安くして労働時間を短くして緩く生きれるようになりました。

 

東京で就職するために住居と仕事を提供してもらえるMIYAKO TICKETを利用して、敷金や礼金や仲介手数料を節約するだけでなく、審査を心配することなく憧れの東京生活を手に入れてくと良いでしょう。

 

コメント

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
バイト・派遣
コウシリンをフォローする
コウシリンの日記
 
タイトルとURLをコピーしました