アフィリエイト・ブログ

クリック型広告で1日でも速く収益化|アドセンスの審査に合格する方法(Cocoon編)

アフィリエイト・ブログ

ブログやアフィリエイトを始めてもあなたに売る力(=買ってもらえる文章を書く能力)がなければ収益化は難しいですよね。

買ってもらえる文章を書くのはちゃんとしたスキルが必要で、ハードルが高いです。

そしてあなたのことを応援してくれる読者に購入させるのはなんか気が引けますよね。

 

でも、クリック型の広告収入を導入すれば1日でも速く収益化することが出来ます。

 

この記事では、クリック型広告収入で1番稼げるGoogle AdSenseについて審査に合格するにはどうすれば良いか?について詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

Google AdSense(アドセンス)とは

サイトに広告を載せてクリックしてもらうだけで報酬がもらえる最高のASPです。

ASPとは、Application Service Providerの略で、インターネット上でアプリケーションを提供しているサービスのこと。アフィリエイトに関しては広告を配信している会社という認識で良いです。

Googleも広告を配信しているので、ASPの1つです。

アドセンスはGoogleが配信しているクリック型広告

クリック型広告の中では1番報酬が高い

クリックしてもらうだけで報酬が発生する広告は、アドセンス以外にもありますがGoogleほど利用者が多くて資金のある企業はなかなかないので、報酬額に関してはどのASPよりも高いので初心者には超オススメ。

自分で広告を選ぶ必要がない

アドセンスは、サイトの記事の内容にマッチングした広告になっています。

Googleにとってお金を稼ぐ場所なので、かなり最適化された広告が表示されるようになっている。

そしてユーザーの検索履歴を元に表示したり、記事の内容に沿って広告を表示してくれるので、特に明確な紹介商品がないので初心者ブロガーにはオススメ

 

私のサイトではニートに関することが多いだけで商品が特にないので、Google様に助けてもらっています。

どんな広告を表示するか?は、頭の良いGoogleの社員がプログラムしてくれてるので超助かる。

Googleの頭脳を借りることでバカな私でもブログで稼げるので、Googleは神様ですね。

 

使用料が無料

アドセンスを載せるのにお金はかかりません

優秀なGoogleの頭脳を借りるのに、お金がかからないって最高のパートナーですね。

でもそれだとGoogleは赤字じゃない?w

報酬が発生しなければ、ブロガーやアフィリエイターに支払う必要はないし、広告主からお金をもらって渡す頃には、中抜きして稼いでますからGoogleはちゃんと儲けています。(私の収益は68%)

中抜きと言うと言葉は悪いですが、広告ビジネスの基本ですね。

広告主は誰なの?

Googleに広告を依頼している企業です。
Googleを使う人はとても多いので広告主としてはたくさんの人に見て貰えるのでちゃんと効果があります。

規約がかなり多い

もちろんGoogleが提供しているサービスなので、規約を守る必要はあります。

規約を破ると使えなくなるので注意しましょう。

普通に使っていれば大丈夫ですが、エロ系や反社会的なのはダメですね。

 

審査に合格しないと使えない

Googleと手を組むわけですから、審査はあります。

まぁ、Google社員として就職する採用試験よりも低いので大丈夫。

高卒のバカな私でも合格出来たからね

審査に合格するための手続きやコツについてはこれから説明していきますね。

GoogleAdSenseの審査に必要な手続きのやり方

Googleアドセンスに合格するのに必要なものは3つ。

  • Googleアカウント
  • 広告を貼るサイト
  • 電話番号

Googleアカウントを持つ

まずはGoogleアカウントを作りましょう。
普段からGoogleアカウントを使っている人は新たに作る必要は特にありません。

アドセンス申し込みページから申請

https://www.google.com/adsenseに移動して基本的な情報を入力します。

アドセンスの申し込みページに移動したら、

  • Googleアドセンスの広告を載せたいウェブサイトのURL
  • Googleアカウントのメアド

を入力します。

メールサービスはどちらでも構いません。

入力を終えたら、保存して次へ進みます。

完了したら次の画面になるので次へ進んでください。

次に進むと個人情報の入力になるので入力していきましょう。

個人情報の入力が終わったら、本人確認を行います。

確認するときは、電話番号を使ってSMSか音声通話で確認コードを取得して入力する。

 

ここまでやっとアドセンスのページでやることは完了です。

 

次に、あなたのサイトで設定する必要があります。

 

あなたのサイト側での設定

さっきまでの段階だと他人のサイトで申請することができることになるので、それを防ぐために当然ですがサイトの管理者である証明をする必要があります。

どうすればできるのか?というと、先ほど出来たアドセンス用のコードをあなたのサイトの<head>タグに入力するだけ。

このアドセンスコードをコピーして、あなたのサイトへペーストしていきましょう。

ここから先はCocoonでのやり方になります。

Cocoon設定に移動したら、アクセス解析・認証を押します。

Cocoon以外だと、外観>テーマの編集header.phpファイルを開きます。

このヘッド用コードを先ほどコピーしたコードをペーストしていきます。このときコピペしたコードは審査に通過したあとはいらない。

このコードは審査に合格したら消して置かないと自動で意図してない広告が表示されてしまうので消しておくこと

これで審査の申し込みは完了です。

 

審査結果が出たらどうなるか?やるべきことは

審査結果が出たらメールで結果が来る

審査が終わるとある日突然Googleからメールが届きます。

審査結果が出るまでどれぐらいかかるかは個人差があります。

 

私の知り合いは翌日とか3日とかで結果が出たのですが私は1週間かかりました。

 

メアドはadsense-noreply@google.comです。

 

まぁ、Gmailを使っていてGoogleからのメールが迷惑メールに入れられることはないでしょうけどw

 

メールの題名は、「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」です。

 

私はGoogle様からの大事なメールを2日間も見逃してましたw

1日でも速く収益化したい場合は2日間も見逃してたらダメですね。

 

合格メールには、こんなが画像が送られてきます。

このお姉さんは誰なのかよく分かっていませんw

不合格だったらどうなるか?は知りません。私の周りで落ちてる人を見たことがないので。

 

審査に合格したらやるべきこと

審査に合格したら終わりではありません。
私はメールが来た段階で安心してしまっていて収益化するのに遅れてしまいました。

 

自動広告の設定方法(Cocoon編)

先ほどの画像に、Google AdSenseのページへと飛ぶ「ご利用を開始」ボタンを押します。

 

押したら、ログインしたあと

広告ユニット>自動広告へいきます。

 

そうすると

どうやって広告を表示させるかを設定します。

 

昔は1ページに貼れる数は決まっていましたが、今は特に制限はありません。

 

制限ないけど多すぎるとウザいだけだからバランスよくね

 

広告コードをコピペする

自動広告で設定が完了したら、広告ユニットへ移動します。

この画像は先ほど自動広告でオンにした広告です。

作成する広告ユニットをクリックしてください。

 

まずは全体の設定に関する設定をしたいのでどこでも通用するディスプレイ広告をクリックしてください。

広告ユニット名を入力して、スクエア・横長・縦長を選んで作成ボタンを押してください。

 

作成できたら、広告コードをコピーしましょう。

 

ここからはCocoonでのやり方になります。

 

Cocoon設定から広告タブをクリックしてください。

 

アドセンス設定の広告コードのところに先ほど設定した広告コードを貼ります。

 

広告位置の設定

最後は、収益化を最大限にするために広告位置の設定を行います。

以前のGoogleだと表示できる広告の数に制限はあったようですが今はなくなっています。

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

過度な表示がされてなければ大丈夫です。

 

まぁ広告をたくさん付けたらウザがられるだけよねw

ひとまずこれで設定は完了です。

これからどうやったら合格するか私なりにアドバイスしますね。

 

合格するために必要なもの

審査は厳しいと言われてたりしますがやることやってれば受かるでしょう。

やることをやってないと何回も落とされます。

友達はここでつまずいてアフィリエイト・ブログ辞めたけどね

準備するもの一覧

  • 質の良い記事
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール作成
  • お問い合わせフォーム

これだけ用意するのはそんなに難しいことではありません。

これからそれぞれのやり方について詳しく説明していきますね。

 

質の良い記事

何を持って質が良いと評価するのは正確には分かっていません。

なぜならGoogleはそこまで公表してないからです。

 

でも、過去のアフィリエイターやブロガーたちが経験則でこうなのでは?ということが分かっています。

初心者がやりやすいことと言えば、文字数を稼ぐ、記事を多く用意しておく、更新頻度を上げて最新のものを用意するでしょう。

 

私はスローペースでやってたので30記事2500文字3日に1回更新でした。

 

ググると8記事で受かった人も居るみたいなので、30記事あればさすがに受かるでしょう。

 

30記事もあれば流石に受かるよね

 

プライバシーポリシーを用意

このサイトにもプライバシーポリシーがあります。

 

プライバシーポリシーはGoogleの必須コンテンツです。

参考:プライバシーポリシー 必須コンテンツ

 

専門的な知識はいりませんし、プラグインをインストールする必要もなくググってコピペしたら完成。

 

お問い合わせフォームを作成

HTMLとかCSSを知らなくても、Contact Form 7というプラグインをインストールすれば完了。プライグインの初期設定でも合格することはできますが、クソダサいのでCSSで編集すると良いでしょう。

ads.txtの追加

ひと昔前ならここまでやれば完了だったのですが、最近は広告詐欺が増えてるとか様々な理由でads.txtを追加しないといけません。

詳しくは、Google公式のads.txtで販売者認定をするを参照

アドセンスのads.txtを追加しないと収益が発生しづらくなってるので絶対にしておきましょう。

追加方法は簡単です。安心してください。

メモ帳で作る

txtファイルはメモ帳で作成できる。

txtファイルに

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

の1行を入れるだけ。

0000000000000000に入れるのはサイト運営者IDです。

サイト運営者IDを確認する方法は、

 

Google AdSenseに入ってアカウントの中にある、アカウント情報がわかります。

このサイト運営者IDを記入してファイル作成は終わり。

 

ここからは、プログラミングやってない人には少し難しいですがやり方さえ分かれば簡単^_^

 

私はmixhostでやっているので、mixhostのやり方で説明しますね。

mixhostのマイページからファイルマネジャーへ

mixhostのマイページショートカット

ファイルマネジャーに入ると

ファイルマネジャー

public_htmlファイルがあるので選択します。

 

ファイルをアップロードする時は、

 

ここをクリックして、ads.txtを選択したら終わり。

&nbsp;

私が苦戦したのは、どこへアップロードしたら良いの?でした

 

まとめ

アフィリエイトだけで稼ぐのは初心者には難しいでしょう。

コピーライティングとかセールスライティングとか専門的なスキルも必要になる。

でも、ニートブロガーさんはそこまで意識してやってないでしょう。

専門的なスキルが必要とかそれだけで挫折してしそうよね。

 

そして、1日でもはやく収益化することでやる気が高まってくるでしょう。

 

最初の報酬達成時は1円でも嬉しいものでした。

 

アドセンスを始めるための設定は面倒ですが頑張りましょう。

 

アドセンスに合格するためには、

  • 質の良い記事
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせフォーム

を用意すれば一発合格することができるでしょう。

 

そして審査に合格したら設定を忘れずに!

ads.txtも忘れずにね。

 

あなたも受かるように祈ってます。

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
スポンサーリンク
コウシリンをフォローする
プロニートコウシリンの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました