クラウドソーシング

Twitterの口コミもまとめた!アメリアネットワーク会員の評判やメリット・デメリットは?

アメリアネットワーク クラウドソーシング

語学力さえあれば時間・場所・人間関係に縛られることなくできる翻訳の仕事はニートに最適!

今回は翻訳の仕事をするのに未経験から始めるのに適しているアメリアネットワークを活用するメリット・デメリットとSNS上での口コミをまとめました。

アメリアネットワークの泣き所は、初年度会費が2万円(税抜)以上すること。

色々な人の口コミを見てるとそれ以上のベネフィット(利益)を得られることが分かりました。

この記事では年会費以上の価値があるのか調べたので書いていきますね。

>>翻訳の仕事獲得・スキルアップ・情報収集なら「アメリア」

アメリアネットワークの基本情報

コウシリン
コウシリン

メリット・デメリットを見る前にまずは基本情報を確認していきましょう。

アメリアネットワークの軽い説明は以下の記事でもしてるけど再度説明するね。

アメリアネットワークは1985年に翻訳者のためのコミュティとして発足されたもの。

他では公開されてない(と言われる)案件があり非常に案件を獲得しやすいサイト。

 

アメリアネットワークのデメリット

入会金や年会費が高い

私も最初調べてた時、「高いw」と思ってしまいました。他のクラウドソーシングサイトなら登録だけは無料だったりするから感覚が鈍ってたんでしょう。

 

と言っても、入会金が5000円、年会費が15,000円だから悩む人はマジで悩むよね。

 

アメリアネットワークを活用するメリット

入会金や年会費が経費で落とせる

入会金や年会費は全額経費にできるので確定申告をする時に役立ちますね。

 

コウシリン
コウシリン

年2万円で様々な恩恵を受けられるとしたら良い投資だと私は思う。

決済にクレカを使用する領収書を取るのも容易だしポイント付くので良いですな。

 

未経験でも応募できる

翻訳の仕事なんてしたことないけど仕事に応募させてもらえるのかな?

という人も大丈夫。

 

アメリアの定例トライアルを受けて成績優秀者としてクラウン会員になれば未経験でも経験者の求人案件に応募できるようになります。

 

定例トライアルって何?

定例トライアルとは、

「仕事として通用するレベル」を審査基準に、アメリアが毎月独自に開催している翻訳の模擬試験。第一線で活躍するプロの翻訳家が、応募された訳文を原文の理解度や構成力などの項目別にチェック。総合評価としてAAからEの6つのレベルで判定されるため、レベルチェックやスキルアップの指標になる。会員であれば、2001年からの定例トライアルの過去問とその詳細な解説も閲覧可能になるため、翻訳の実践的な学習教材を膨大に入手可能。

 

さらに自分がどの分野に向いてるかわかるように、特許、医薬、IT、フィクションなどほとんどの部分でカバーされてるので色々な分野の定例トライアルに挑戦したり、過去問を勉強することで自分にはどの分野が適してるのかを知れます。

全く仕事したことがない人だと、「翻訳してどのレベルの文章を作成すれば良いのか?」と疑問に思うかもしれませんが、アメリアの定例トライアルに合格する解答が出来るなら問題ないと目安にもなってます。

2001年から蓄積され続けてる膨大な過去問とプロの解説を読むだけでも年会費の価値はあるでしょう。

 

会員限定コンテンツがある

アメリアネットワークの会員になっていれば毎月翻訳専門の情報誌やメルマガが発行されます。

 

仕事のために必要な情報を効率良く収集出来るのはとても良いことだと思いませんか?

 

メルマガは週2回発行され新着求人が届きます。

 

掲示板で翻訳仲間と交流できる

普段フリーランスで翻訳者として活動してると周りでやってる人が居なくて孤独を感じることもあるでしょう。

でもアメリアネットワークならば、翻訳者のためのコミュニティなので掲示板を使って他の会員と交流を深めることができます。

仲間が居ることでモチベーションになるでしょう。

 

この掲示板は運営がしっかり管理してるので「荒らし」というのがありません。

またレスして返信が返ってこなくても大丈夫。そんな時は運営が返信してくれます(笑)

 

無料カウンセリングを受けられる

翻訳者として活動してると不安が出てくるでしょう。

そんな時もアメリアには実績のある先輩方が居るので具体的なアドバイスを受けられます。

 

ここで相談してガチの翻訳者として生きてみようかなと思ったら本格的にこの道を歩んでみるのも良いかもしれませんね。

 

アメリアは未経験から始める人に良い

↓未経験から始めた人の感想↓

翻訳業はこの世で生きるための松葉杖」って良い言葉ですね。

Twitterでの口コミ

 

↓これからフリーランスでアメリアを使おうとしてる方のツイートです。リプ欄がかなり参考になりますね。↓



アメリアネットワークを活用するメリット・デメリットまとめ

アメリアを活用するためには初年度年会費が2万円以上かかるのですが、翻訳の道へ進もうとしてる人にはこの年会費を払う価値があるのではないでしょうか?

翻訳の未経験者は、登録をして定例トライアルに挑戦したり過去問の解説も読み込むことでスキルアップにも繋がるしメルマガで新着の求人も確認できてチャンスを増やせるんで翻訳を小遣いから生きていけるレベルまで稼いでみたいなと考えてる人は使っていくべきでしょう。

翻訳者のためのコミュニティで翻訳者同士と交流したり先輩に相談に乗ってもらったりすることで悩んでる人の背中を押してくれる仕組みがあります。

 

英語が出来て翻訳者の道へ行こうか迷ってる人に初年度年会費2万円は立派な投資になるでしょう。

1年ぐらいやってみて合わないと思ったら退会すれば良いわけですし、その勉強料が2万円というのは安い方だと思いますね。

 

ニートの人が翻訳の道に進むのにオススメする理由は次の記事で解説してます!

 

>>翻訳の仕事獲得・スキルアップ・情報収集なら「アメリア」

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
コウシリンをフォローする
プロニートコウシリンの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました