プロニート論

プロニートが語る|なぜ会社員からニートになったのか!

プロニート論

ニートになる理由ってみんな違うと思う。

そこで今回は私がどうしてニートになろうと思ったのか告白していく。

 

コウシリン
コウシリン

 高校生までは無遅刻・授業中は寝ないという普通の人だったよ

 

私がニートになったのは20才の時だ。プロニートになることを決意したのは21才。

とりあえず

  • 社会人16ヵ月まで
  • 社会人16ヵ月以降
  • ある本との出会いから退職するまで
  • 職業訓練校に通ってた時代
  • あるきっかけ

に分けて話していこうと思う。

今は大学受験を引退してるが高校卒業から退職までは並行してたよ。

大学受験の勉強と仕事を同時に進めて両方とも挫折したんだけどね。

 

スポンサーリンク

社会人1年目(2016年4月〜2017年8月)はやる気に満ち溢れていた

高校時代は私は東京のとある大学に行きたかったけど、家庭の経済的事情で行けなかったから卒業後は関東にある会社へ就職して一人暮らしを始めたんです。

これから働いてお金を貯めて大学に行くぞーとやる気に満ち溢れてました。

 

 

就職したばかりのころは、労働はお金を稼ぐためにやるものなんだと思ってた。

とりあえず大学受験の勉強と並行していけたらと思ったから学校生活と同じように、朝9時から18時までの会社を探して働いてました。お金を貯めるには2年かかりそうだったんで1日にたくさんの勉強時間を確保しなくて良いかなぁって思ってました。

しかもこの会社は高卒1年目にしては超待遇の良い会社でした。

残業はほとんどなく給料は月に20万円ぐらい出て、ボーナスが3ヵ月n分で年収が300万円を超えてるだけでなく家賃光熱費を全部会社が負担してくれてました。家賃光熱費を入れて実質換算すると家賃が本来6万円だったから370万円は超えてましたね。私の家庭はそんなに裕福な家庭ではなく父親の給料をすぐに超えてしまいそうな感じでしたよ。

 

人間関係もそんなに厳しくないし激務に追われたりノルマを貸せらることがなく働きやすい環境でした。適当に選んだ割にはホワイト企業だったと思います。

この時は普通に朝起きて夜寝ることが出来てました。

 

休みの日はひたすら勉強。そして受験費用を貯めるためにも節約していきました。

(今思えば遊びたい盛りの時に遊ぶ習慣がなかったんやなぁwと思う)

高校卒業して上京してきた私には平日遊ぶ友達相手が居なかったのですが、Twitterを通じて友達が出来たのでTwitterはやって良かったと思ってます。

 

社会人1年半(2017年9月)から急に苦痛になった頃ある本と出会う

1年が過ぎた夏頃に大学受験の勉強が上手くいってないことに気づく。

9月からヤベェと思ってやり出すが仕事があるのにバランスが取れなくなり少しずつ体調が狂う。

仕事面でも1年半頃になると戦力として期待されるようになるが戦力になれるほどの実力はなし。

 

まぁ両方とも上手く行ってなかったんだよね。

 

このとき私は、

コウシリン
コウシリン

大学受験を諦めるべきなのか、仕事を辞めるべきか???

ってめちゃくちゃ悩んだ。

 

高校時代からの夢を諦めようかと悩んだ。

自分には大学受験が向いてなかったんじゃないか?って思い始めたよ。

 

だって日本の会社って労働者はしっかりと守られてるから相当やばいことをしない限りはクビにはならないんだよ。高卒で適当に選んだわりにはめちゃ待遇が良いんやで?

 

迷いながら生きてるとどちらも中途半端になってしまいました。

 

 

私の人生を大きく変えてくれた本

生活習慣が乱れて朝起きるのが辛くなってくるし、上司の期待に応えれるほどの成果を出せないどころか怒られる回数が増えてくるという地獄が始まりかけてましたね。

そんなときに京大卒のニートのPhaさんのニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法に出会いました。

この本を読むまでニートとして生きるなんて日本では厳しいやろとか、ニートを見下してました。

同じ時期に明日クビになっても大丈夫! という本も購入して読みましたが、Phaさんの書いた本の方が私の心を大きく動かしてくれました。

 

退職するまでの残りの半年間は社内ニート

私の人生を大きく変えた本と出会えたのですが、その時に決まったわけじゃありません。

でもその頃の社内での私は仕事が出来なさ過ぎて社内ニートです。

会社に出社して実際に働くのは4時間未満です。

 

楽そう・・・

と思ったら大間違い。

 

4時間未満で済むものをゆっくりやって8時間もかけてやるのは逆にしんどいですよ。
内容が分からないので作業が進まずただ社内でネットサーフィンをするだけ。

Phaさんも本では社内ニートの期間がとても辛いって書いてましたね。

そして、辞めることを決意する1ヶ月前はよくこんなことを言われました。

 

お前は2年間も何を学んでやってきたんだ?

ってめちゃ言われましたね。
なんか色々やってのは覚えてるけど人に説明できるほど覚えてませんでした。

 

超悲しくなって退職を決意しました。

 

退職後3ヶ月以内に社長や経営者たちと出会い更に価値観の崩壊

退職してからは、大学受験の勉強を1日13時間以上毎日やってました。
今までやりたくても出来なかったことをしてて最高の環境でした。

 

お金が貯まり切ってたわけじゃないしバイトするのも面倒だし、失業保険に入ってたから有効活用するために職業訓練校に通いました。

ある日TwitterでY社長と出会いました。
アフィリエイトだけでめちゃ稼いでる人です。
(のちに居酒屋やカラオケの経営もしてることがわかった)

稼ぐ金額が桁違いでびっくりしましたw

その時に、

「ガッツリ稼いでから大学行けば貯金とか気にしなくて良いんじゃねw」

それまで大学受験を諦めきれなかったのですが、ここでスパッと辞めました。

 

大学受験はしっかりと稼ぐまで封印!!!

あるきっかけがまた大きく人生を変えてしまう

一応webプログラミングの職業訓練校に行くことになったのですが、これと言った目標は特にありませんでした。

この時にまた別の社長と出会いました。
その社長は年収1億円超えで、その方は誰でも年収1000万円は超えることが出来る的なことを仰ってました。

私の中では、稼ぐといえば年収1000万円とかを想像してたのでびっくりです。
そして収入はある方法で増やせることが出来ると教えてもらいました。

その方法は女性社長が仰ってたことと全く同じでした。

そしてさらにその社長の弟子で起業した社長の元で数回だけですが仕事をさせていただきました。
肉体労働とかめちゃくちゃ嫌な私ですがこの時はとても楽しかったです。
働くってこういうことなのかなと、私の中で働くことについての意識が変化した

しばらく連絡を取っていなかったY社長から10月ぐらいから簡単なプログラミングの仕事をくれました。
初めて会社や時給で仕事とか以外で稼ぐという経験をしました。

その時は8時間ぐらいかけて3000円だったけどw
(私の実力不足で調べながらやったから8時間かかったけど今なら30分で終わる内容)

すごく小さな経験でしたがその時の達成感というものは今でも鮮明に覚えてます。

 

11月にあるツイートがバズって10万RT超えました。


その時にnoteとアフィリエイトやサイト運営で一気に稼いだ経験は自信に繋がりました

小さな金額ですが、2ヶ月連続で会社やバイト以外で稼いだ経験は自信に繋がりアフィリエイトにも本格的に力を入れるようになりました。

その頃には会社で就職して働くというやる気は消えてましたw

修了後とりあえず転職活動をしてみるも全落ち!就職を諦める

公共職業訓練校制度を使ったのでとりあえず転職活動する姿勢は見せないとなと思い転職活動しましたが、IT系の正社員・バイト・パートも全落ちという結果でした。

一応役目は果たした(?)けどダメだったので諦めました。

 

コウシリン
コウシリン

すでに個人で仕事してるし・・・まぁ良いか!

 

まとめ

社内ニートの日々は超辛かったです。

ニートの歩き方という本やアフィリエイターであるY社長との出会いは私の人生を大きく変えてくれました。

ニートになってから色々な人と出会い、仕事に対する考えが変わった

私の中では

コウシリン
コウシリン

仕事とは「仕事をしなくて良いようにするためなんだ!

と思うようになりました。

 

会社員の頃の私なら絶対に理解出来ないものでしたが、社内ニートを経験し、たくさんの人と出会える時間を作れたニートになったからこそ理解出来るものになりました。

この記事を書いたのはこの人

1997年生まれの社会不適合者/高卒正社員2年👉ニート👉プロニート/町田市在住

『働く時間を減らすにはどうすれば良いか』『ニートでも生きやすい社会をどう作るか』を考えるのが楽しい人。/ツイ廃

このサイトでは、節約、稼ぎ方、をメインに発信しています。

コウシリンをフォローする
スポンサーリンク
コウシリンをフォローする
プロニートコウシリンの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました